リフォーム会社の選び方とトイレリフォームについて

リフォーム会社の情報は、リフォームの専門雑誌やリフォームの情報サイトなどで手に入れることができ、それぞれ得意分野があります。

リフォーム専業の会社は一戸建てリフォームの実績が豊富であったり、現場担当者がすべて責任をもって対応してくれたりします。建設会社や工務店系であれば地域密着型の会社が多かったり、自然素材をうまく取り扱える職人がいたりします。設備会社系は新築の水回りなどの設備設置を主に行っている会社でもリフォームに取り組んでいるところがあり、設備面で困るとすぐに対応してくれるものです。インテリアショップ系であれば内装中心のリフォームに向いているといえます。大手マンションデペロッパー系列の会社であればマンションのリフォーム実績が豊富になっています。

建築家に依頼する際には、写真入りのホームページや雑誌で確認するといいでしょう。
いずれにしても、依頼先を選ぶ際には自分が目指しているものとあっているかが大切になります。

そして、トイレをリフォームする際には、和式便器を洋式に変えたり、便器を交換したりというような工事が考えられます。和式のトイレを洋式のトイレに変えるような工事は配管を変えたりなど、かなり大規模な工事になります。トイレリフォームでは、建物内の位置や、風向きとの関係、日光の当たり具合などを計算して設計しないと、あとあとの生活で臭いなどの影響を受けることがありますので、その点は注意が必要となります。
バリアフリーに合わせて手すりを取り付けるというのであれば、使う際に体重をかけることがあるため、下地補強のない壁に手すりを取り付けるととても危険です。手すりを取り付けるというのであれば壁に下地補強をしてから取り付けるようにしましょう。また、柱の位置に合わせて手すりを取り付けると使いにくい手すりになってしまいますので、便座の座り立ちする位置を確認してからもっとも使いやすい位置になるように計算しましょう。また、倒れたときにあわせて、ある程度面積を広くしておくと、ほかの人が助けに入りやすく安心できます。

<広告>
相互リンク研究会相互リンク募集サイトFXシストレ比較オーディオSEO女性の人生ショッピングカート設置お小遣いNET心の童話サイドビジネス電子マネーJALカード主婦の在宅ワーク貯蓄